恋愛リアリティショー

アオハル♡LINE第4弾#3話の結末までのネタバレと感想

更新日:

アオハル♡LINE第4弾 #3「どうしよう・・・」男子顔公開で恋心は揺らぐ?の結末までのネタバレと感想です。

この番組は見知らぬ高校生6人がLINE だけで恋を育む恋愛リアリティショーです。

因みに、前回のあらすじ・ネタバレはこちらです。

アオハル♡LINE第4弾#2話の結末までのネタバレと感想

アオハル♡LINE第4弾 #2「超カッコいい・・・♡」の結末までのネタバレと感想です。 この番組は見知らぬ高校生6人がLINE だけで恋を育む恋愛リアリティショーです。   今夜、恋を揺るが ...

 

今回、男子メンバーがついに顔を公開します。

イケメン写真に女子の心が揺れ動きます。

恒例のデート動画では胸キュン 連発。

そして、アイスをめぐる三角関係はヒートアップします。

 

スポンサードリンク

 

chapter3 そして、恋に落ちる

男子メンバーからの誕生日プレゼント

アオハル♡LINEから「それでは男子メンバーの皆さん『付き合って初めての彼女の誕生日に贈るプレゼント』を女子メンバーに渡してください。」という連絡が入ります。

 

モンキー

モンキーのプレゼントは、ラルフローレンのハンカチでした。

それに対して、女子の反応は、

とまと
「かわいい」

アイス
「かわいい!触り心地いい!」

ローズ
「モンキー!受け取りました!めっちゃ良い!大切にするね」

という感じでした。

 

教授

それに対し、教授のプレゼントは、ネックレスです。

それに対して、とまとはそのネックレスを付けた画像を送り、教授は大喜びします。

 

シュート

一方、モンキーと同じくアイス狙いのシュートのプレゼントは、JILL STUARTのリップでした。

ローズ
「まって センスよすぎるしメッセージ付きはうれしい!」

アイス
「リップ大好きだし、色もいい」

とまと
「かわいすぎる!!」

 

アーサー

アーサーのプレゼントは、ヘアゴムでした。

ローズ
「かわいい」

アイス
「お世辞抜きでどタイプ!!可愛い!!」

とまと
「すごい上品!!」

と女子から好反応が返ってきます。

 

しかし、アーサーのプレゼントはそれだけではなく、さらなる仕掛けがありました。

メッセージカードにQRコードがあり、それをスマホでキャプチャーすると、動画メッセージが送られるのでした。

アイス
「QR って凄すぎる笑 動画で言われるのっていいね」

とまと
「QR でメッセージとか現代人だね笑」

ローズ
「こんなの初めてだったから嬉しい!」

女子メンバーからと絶賛されます。

 

 

7人の探り合い

アーサーが「男子の中で誰のが一番よかった?」と質問すると、

とまと
「教授かな」

アイス
「シュートくんに一票 モンキーと迷った」

ローズ
「んー迷ったけど、アーサーくんかな!!」

と返事が帰ってきます。

ここから7人の声が大荒れに、

とまと
「ローズはアーサー気になってる?」

ローズ
「内緒~笑」

すると、今度はアーサーがシュート、アイスの三角関係に切りこみます。

アーサー
「シュートとアイスもう出来てる? 笑」

 

ここで、モンキーとシュートが一触触発のやり取りを開始します。

モンキー
「シュートにはわたさねぇ~~!」

シュート
「おお笑 負けねぇわ~」

アーサー
「で、アイスは?」

アイス
「私はシュートくんかな?」

と、モンキーは一瞬で撃沈します。

 

すると、今度はとまとが話題に・・・・

シュート
「で、とまとは?」

とまと
「ミー モンキー 1番いまいいっておもってる」

モンキーは突然の告白にプチパニックを起こします。

 

 

恋の途中経過

モンキー
「アイスちゃんととまとちゃんで、5:5 。好きとか気になるって言われると、弱い。結構追い上げてきてますね。」

 

アイス
「シュート君も良いけど、モンキーも気になるから曖昧。モンキーがはっきり言うようになったので気になるな。」

 

シュート
「アイスちゃん一択です。まずは俺に向いてくれればいい」

 

教授
「 今一番気になってんのは、とまとで変わらずステイです。」

 

とまと
「今一番気になってんのは、モンキーです。顔見たら変わるかなと思ってきちゃった。」

 

アーサー
「ローズちゃんです。選んでくれたのが一番嬉しかったです。とまとちゃんプレゼントで二択で迷ったところとかまだ興味あります。」

 

ローズ
「今はアーサーくんかな。プレゼントも良かったし、格好良いし。」

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


 

男子顔写真公開

アオハル♡LINEから「それでは男子メンバーの皆さん、顔出しした自撮り写メをアップしてください。まずはシュートから」という連絡が入ります。

シュートが顔出しした写真をアップすると、

アーサー
「アイスどう?」

アイス
「良い」

シュート
「まじ自信ないからもうありがたい笑」

とやり取りがされますが、シュートの反応がイマイチなことにアイスはちょっとすれ違いを感じます。

 

続いては教授が写真(横顔写真)をアップします。

すると、女子からものすごく絶賛され、モテ期が到来しますが、とまとから正面からの写真を要求されます。

正面から撮った2枚目の写真をアップすると、1枚目との違いに女子メンバーは幻滅し、モテ期はあえなく終了となりました。

 

最後はモンキーが写真をアップします。

その上で教授が「この写真踏まえてだれが1番よかった?」と質問すると、

ローズ
「アーサーかなあ~笑」

アイス
「モンキーで!可愛い笑顔がすごく!」

とまと
「加工あんまない モンキー」

という結果になりました。

 

 

理想の地元デートを動画でUP

女子編

とまとは男子メンバーの名前を呼びながら表参道の街を紹介し、「幸せのパンケーキ」というカフェでデザートを食べます。

その後、スポーツ施設で卓球をするというものでした。

 

アイスは浴衣を着て、地元岡山の名産物であるきびだんごを食べるというものでした。

 

ローズは地元の広島で射的をしたり、買い物をするという内容でした。

それに対して、アーサーが「一番好き」とメッセージします。

すると、ローズも「うれしい!!私もにやけるわ笑」と返すのでした。

 

 

男子編

アーサーは地元(愛媛)松山のローカル電車に乗って、オレンジジュースを飲むというものでした。

続いて、シュートはメロンの上に乗っかてるアイスを一緒に食べ、オルゴールを作るというものでした。

 

教授は一緒にダーツをした後、お洒落な店でフレンチを食べるというものでした。

 

最後のモンキーはアウトドアで地元の渓谷を見に行きます。

その途中、恋愛成就の願掛けをするという内容でした。

それには、

とまと
「かっこよくて oh my gosh」

アイス
「無邪気で可愛い子一緒にいて絶対楽しい笑」

と高評価でした。

 

 

ここまでを終えて

アーサー
「ローズちゃんです。デート動画で口まで映ってて、この段階でタイプだなと思いました。」

ローズ
「気になる人はアーサー君です。盛り上げてくれる所とか。」

シュート
「アイスちゃんで。このまま一途で。デート動画見てモンキーがやばい。」

アイス
「シュート君です。初めてシュート君の顔を見て、かっこいいと思った。」

教授
「僕は相変わらずとまと。とまとにネックレスを喜んでもらえたのが嬉しかった。」

とまと
「シュートのデートが意外と良かった。一番気になる人はモンキーです。」

モンキー
「とまとちゃんとアイスちゃんです。両方一緒にいたら楽しそうなんですね。実際に見て、話して変わります。」

 

 

 

アオハル♡LINE第4弾 #3「どうしよう・・・」男子顔公開で恋心は揺らぐ?の感想

出遅れがちだったローズと遅れて参加したアーサーが両思いになってきて良かったです。

また、シュートとアイスも最初から良い感じになっていますが、そこにモンキーが割って入るのか、それともモンキーはとまとに切り替えるのか注目です。

教授はとまと一本狙いですが、なんなく顔出しあたりから空回り感が否めません。

しかし、次回、直接会う機会があるので、そこで逆転があるかもしれません。

是非、視聴してみてください!

因みに次回のあらすじ・ネタバレは下記のリンクからです。

アオハル♡LINE第4弾#4話の結末までのネタバレと感想

アオハル♡LINE第4弾 #4「【第4弾最終回】伝われ、乙女の恋心。」の結末までのネタバレと感想です。 この番組は見知らぬ高校生6人がLINE だけで恋を育む恋愛リアリティショーです。 因みに前回のあ ...

 

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-恋愛リアリティショー

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.