バラエティ番組

アオハル♡LINE第5弾#4話の結末までのネタバレと感想

投稿日:

アオハル♡LINE第5弾 #4「最終回 サヨナラは既読スルーで」のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。

この番組は見知らぬ高校生がLINE だけで恋を育む恋愛リアリティショーです。

 

今回は運命の初対面・・・

恋の争奪戦スペシャルです。

複雑に絡み合う恋模様は一触即発?

果たして7人の恋の結末は・・・

 

前回のあらすじ・ネタバレはこちらです。

アオハル♡LINE第5弾#3話の結末までのネタバレと感想

アオハル♡LINE第5弾 #3「どタイプすぎる♡」男子顔出しで揺れる恋のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。 この番組は見知らぬ高校生がLINE だけで恋を育む恋愛リアリティショーです。 今回、遂 ...

 

chapter4 揺れる初対面

今回の7人が初対面する舞台は東京ドイツ村で、広大な園内にはアトラクションや動物園なども併設されている自然体験型のテーマパークとなっています。

ドイツ村への一番乗りはツバサで、次いでホース、なると、最後にサンダーがやってきます。

続いて女子メンバーがるな、アロハ、ビーバーという順で合流しました。

 

BBQグループデート

まずは、私服に着替えてBBQです。

BBQを始める前の席決めから恋の駆け引きが行われました。

ホースがるなに「一緒に座らない?」と誘って、隣の席を確保します。

すると、なるととサンダーはアロハの隣へ座ります。

出遅れたツバサはアロハから一番遠い席へになります。

結局、左からツバサ、ビーバー、サンダー、アロハ、なると、ホース、るなの順に席になりました。

 

ホースとるなはプレゼントしたブレスレッドについて話し、なるととアロハは2ショット電話での時のことを話しますが、ここでサンダーが仕掛けます。

サンダーがアロハに「行かない?」と言って、2ショットに誘い出します。

2人で外で歩きながら、サンダーはアロハに「手をつないでいい?」と言って、恋人つなぎをしてさらに攻めるのでした。

 

一方、残されたメンバーでは、ホースとるなが完全に良い雰囲気になってましたが、ビーバーが「ホース、ホース、喋りに行こう!」と遠くの席から誘います。

ビーバーはホースと一緒に外を歩きながら、「今日、全然喋ってなかったしさ、ホースはるなと出来てるんやと思ったけどさ、喋らんかったら分からんやん人って。」と言うと、ホースも「でも、俺もまだ分からんよ。第一印象がるなってだけで、誰に告白するかも自分で決めることやし、俺、結構ああいう感じのパジャマ好き。」とビーバーを好意的に受け入れるのでした。

 

スポンサードリンク

 

奪還作戦

残された3人(るな、なると、ツバサ)でいる時に、るなが「誰かの邪魔し行く?」と提案します。

そして、るなが「ちょっとホースの所、行って来るわ!」と自ら先陣を切って行くのでした。

 

るな
「マジ、ビーバーに負けたくないもん!だから・・・」

ビーバーが「今の所はホースの所に行こうと思ってるから。」とホースに思いを伝えていると、るながやってきて、「ホースのことを奪いに来ました!ちょっと返してもらえます?」とビーバーに言うのでした。

 

ビーバーがそれに応じると、るなは「良かった。行こう。」と言って、ホースと手を繋ぎ去っていくのでした。

一方、取り残されたツバサとなるとが「俺達も行こう!」と話し合っていると、ビーバーが帰ってきます。

 

そして、ビーバーがなるとに「誰が一番気になってるん?」と聞くと、なるとは「俺は最初からずっとアロハに・・・」と答えます。

すると、ビーバーはなるとに「行って来い!」と言って、なるとを送り出します。

また、ツバサはビーバーと2人きりになると、ビーバーを「こども動物園」へと誘いって、そこで今、一番気になってるのがビーバーであることを本人に伝えるのでした。

 

 

なると×アロハ

なるとの存在に気付かずにサンダーがアロハと話していると、なるとが「よぉ!俺も2ショットになりたいんで、奪いに来ちゃいました。」とやってきます。

サンダーが「いいよ。」と言うと、なるとはアロハと手を繋いでエスコートし、2ショットになるのでした。

そして、なるとは「やっぱりサンダーだけに取られたくないと思って、本当は自信なくて行くのずっと迷ってたんだけど、行くしかないと思って。」とアロハに言います。

さらに、なるとは「俺はずっと変わらずにアロハのことがいいなと思って、だから奪いに来て・・・本当に俺はアロハが一番でずっといるから、その気持ちだけ伝えておこうと思って、アロハが一番。ゴメン、ここで照れるのはかっこ悪いんだけど・・・」と猛アプローチを続けるのでした。

 

 

お弁当タイム

女子メンバーはデート前日に買い物とお弁当作りをしていました。

るなが作ったお弁当はサンドウィッチ(たまごサンド、ハムサンド、フルーツサンド)でした。

アロハが作ったお弁当は、男子が好きそうなオムライス、唐揚げ、ポテトサラダを盛り込んだお弁当でした。

ビーバーが作ったお弁当は、鮭おにぎり、卵焼き、ピーマンの肉詰め、ウィンナーでホースに食べさせたいと思って作ったものでした。

 

しかし、今回女子が作ってきたお弁当は1人分です。

男子はそれぞれのお弁当を懸けて対決し、勝った人だけが食べられます。

 

るなのお弁当の行方

まず、るなの手作り弁当を懸けて、叩いてカブってじゃんけんぽん対決をします。

結果、優勝したのはサンダーで、るなのサンドウィッチ弁当を獲得するのでした。

サンダーは「うまい、普通にうまい。るな的にはあげたい人は俺じゃなかったと思うけど、美味しいです!ありがとう。」と伝えるのでした。

 

ビーバーのお弁当の行方

続いて、ビーバーの手作り弁当を懸けて、ビーチフラッグ対決をします。

丘を駆け上がって旗を取った人の勝利ですが、ツバサが勝利して、ビーバーの手作り弁当を獲得するのでした。

 

 

アロハのお弁当の行方

最後にアロハの手作り弁当を懸けて、相撲対決をします。

柔道をやっているなるとが圧勝で優勝し、アロハの手作り弁当を獲得するのでした。

 

そして、この後、告白へと移ります。

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


 

chapter5 告白の時間

今回は男子メンバーが好きな女子メンバーに告白します。

アロハはグランドで待ち、ビーバーは屋上で待ち、るなは中庭で待ちます。

 

るなへの告白

るなの元にホースが現れます。

 

ホース
「3日間 LINE で話して、部屋紹介の時もシンプルで、あと服とかも自分の好みで、自分がビーバーと話していた時に声をかけてくれて相当嬉しかったし、もし、こんな僕でよかったらよろしくお願いします。」

 

るな
「ホースの部屋紹介を見て、ゲーム好きなところとか、ずっと一途でおってくれて、2ショットとか電話とかもしても、やけど、ビーバーが入って来た時にちょっとそっち(ビーバー)に揺れた時は『なんで?』と思ったけど、こうやって来てくれて、嬉しかったから、るなで良ければお願いします。」

 

ホース
「ありがとう!」

 

ーOKの理由は?ー

ホース
「やっぱり自分と趣味が合うってところと可愛かったです!(るな:面食い?笑)」

るな
「笑った顔がむっちゃ可愛いから好き!」

ホース
「ありがとう!今度お揃いのブレスレット一緒に買いに行こう!(るな:うん、行こう!)お揃いのブレスレットにしようや。」

るな
「うん、いいよ!これからもこういうの着けていくようにする。変わっていく。」

 

 

ビーバーへの告白

ビーバーの元にツバサが現れます。

ツバサ
「最初はずっとアロハのことが気になってて、でも全然ぱっとはしなくて自分でも、そんな中でビーバーがLINE 最終日に来てくれて、ビーバーと喋ってる時の方が自分に合ってるなと思うし、すごく楽しかったです。ビーバーが好きです。付き合って下さい!」

 

ビーバー
「今日、デートをみんなでして、ツバサがずっと一緒にいてくれたと思うし、色々『どっか行こう』とか言ってくれたのも嬉しかったし、今日1日楽しかったから、ありがとうございます。色々今日みんなと喋ってきて、でもやっぱりツバサが 一番喋ってくれたけど、中途半端なことはしたくないから、友達としてしか見られないから付き合えるのは出来ないので、ごめんなさい。」

 

ーダメだった要因は?ー

ツバサ
「男らしさを見せてなかったかなっていうのはあります。手をつなぐとかリードしてあげられたらなというはあります。悔しいですね。ここまで来たんで。さすがに最後はいい感じで終わりたかったんですけど、そこは悔しいですね。」

 

ー断った理由は?ー

ビーバー
「ダメとかじゃなくて、友達としては好きなんですけど、ほんまに自分の気持ちがわからへんまま答えたら、相手に嫌な気持ちをさせるから、ウチなりの答えがこれでした。ちょっとシャイ・・・ちょっと恥ずかしさがまだ出てたと思うので・・・」

 

 

アロハへの告白

アロハの元になるととサンダーが来ます。

なると
「ずっと最初から想ってて、今日会う時に想像してたよりめちゃめちゃ可愛くて、そこからまたどんどん惹かれていって、俺が話せない時とかもあって、沈黙もあったんですけど、居心地の悪さをあまり感じないし、ずっと一緒にいてもいけるのかなと思ってて、アロハのことがずっと好きです!付き合って下さい!」

 

サンダー
「俺は追加メンバーとして入ってきて、みんなよりは LINEの時間がちょっとだけ短くて、俺が入って初日からずっとアロハのことが気になってて、2人きりになった時とかも、めっちゃずっとキュンキュンしてたし、ずっと一緒にいても飽きないし、これからもっと色々と知っていきたいのでよろしくお願いします!」

 

アロハ
「なると君は初めて話した時から、すごく発言が面白くて、ずっと気になってて、今日実際会ってみてもめっちゃ面白くて、一緒にいて楽しかったんですけど、でも、これからは友達として楽しい思い出作ってきたいと思います。ごめんなさい。

 

アロハ
「サンダー君は正直最初はそんなにあれだったんですけど、 でも、洋服の系統が合うなと思って、 これからもっとお互いのいろんなところを知っていきたいと思いました 。よろしくお願いします。

 

サンダー
「よかった!」

 

ーOKの理由は?ー

アロハ
「パッと見た感じで一番好きな顔だなみたいな・・・見れない!カッコイイの!」

サンダー
「お互いの趣味が服が好きってところで、服買いに行ったりとかはしたいです!」

アロハ
「したい!服見に行きたい!」

サンダー
「じゃん、これデート動画のやつ(服)。せっかくペアで買ったから、来たいなと思って。」

アロハ
「めっちゃ嬉しい!センスが良い! 」

サンダー
「マジで?これ着てデートしよう。」

アロハ
「うん、行こう!」

 

ーダメだった要因は?ー

なると
「プレゼントも話すきっかけになればいいなと俺の中で考えていたんけど、るなにあげたってことは一旦気持ちの離れを生んだのかと・・・これを次に、前に、今後の人生の糧として辛さをプラスに変えていきたいなと思います。ありがとうございました!」

 

るな♡ホース、アロハ♡サンダー、お幸せに!!

 

 

アオハル♡LINE第5弾 #4「最終回 サヨナラは既読スルーで」の感想

最終的に2組のカップルが成立して終わりました。

るなとホースは安定の収まり具合でしたが、アロハは最後まで読めませんでした。

なるとはるなにプレゼントを渡したことをフラれた要因の一つとしてあげていましたが、恐らくデート動画で突き刺さるものが全くなかったのが要因の様に感じます。

逆にサンダーはアロハの理想のデートを演出して、そこで評価が覆ったのでしょう。

しかし、なるとの一生懸命の頑張りは、見ていて本当に応援したくなるものでした。

ツバサとビーバーは方向性が完全に定まっていなかったため、イマイチ積極的に行けなかったのかなと思います。

だから、お互いにカップルに成れませんでしたが、ビーバーの言う様に「中途半端に付き合っても相手を傷つけるだけ」なので、今回の経験を次に生かして欲しいです。

 

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-バラエティ番組

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.