恋愛ドラマ

ドラマ・ポルノグラファー第6話(最終話)結末のネタバレと感想

更新日:

ドラマ・ポルノグラファーの第6話(最終話)「愛欲と理性の果てに」のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。

以下、核心部分のネタバレが含まれます。

しかし、自分で視聴したい!という方はFODで実際に視聴することをオススメします。

 

前回のドラマのあらすじ・ネタバレは以下のリンクからです。

ドラマ・ポルノグラファーの第5話の結末のネタバレと感想

ドラマ・ポルノグラファーの第5話「偽りと真実との間で」のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。 以下、核心部分のネタバレが含まれます。 しかし、自分で視聴したい!という方はFODで実際に視聴すること ...

 

スポンサードリンク

 

第6話(最終話)「愛欲と理性の果てに」のあらすじ・結末までのネタバレ

木島のメール

春彦は城戸に啖呵を切ったものの、木島と会ってなんと言おうか迷っていた。

すると、春彦のスマホに木島からのメールが届く。

 

---------------------------------------------------------------------

久住春彦君

平生僕はメールなどしませんが、君の住所を知りませんでしたので、仕方なくこのような形を取りました。
(読みたくなければすぐこのメールを消して一刻も早く僕の事を忘れてください)

先日のことについて。僕のついたくだらない嘘に君はとても傷ついたことでしょう 。

あの日、君の自転車がふらふら歩いていた僕の体を吹っ飛ばしたあの時、腕に激痛を感じながら僕はあることを強烈に期待していました。

それは、僕の手が動かなくなって筆を取れなくなること。

僕は利き手でなかったことにひどくがっかりしました。

いかにもお金がなく、人の良さそうな君を見て、僕はその愚かな発想の通り、利き手の使えなくなった小説家のフリをしてみました。

なんでそんなばかなことをしたのかと、君は当然疑問に思うでしょう。

それは、寂しさを紛らわしたかったのかもしれない。

僕は長い間創作の限界というう闇と孤独に戦っていました。

作家の端くれとして、僕は人生を削りながら書いてきたつもりです。

それがたとえ読み捨てにされる三文エロ小説であろうと。

でも、もう僕の中には削り取るようなものがないように感じるのです。

空っぽなのです。

つまらない言い訳が長くなってしまいましたね。

このメールを出そうと思ったのは、君にお詫びとお別れを言いたかったからです。

今回のことがあり、僕は軽率な自分を深く反省し、同時にこれまでの人生一切を清算しようと思い立ちました。

僕はこの世界にもう何も未練はありません。

たくさん嘘をついてきた僕ですが、これだけは真実です。

君と過ごした1月半、僕はとても楽しかった。とても、本当にとても・・・。

ありがとう。

君に光り輝く未来を

---------------------------------------------------------------------

春彦はそのメールを見て、すぐさま木島の家まで突っ走るのだった。

 

 

木島の帰宅

春彦は合鍵を使い、木島の家へと入る。

しかし、もうそこには木島もモノもなかった。

春彦は「先生・・・」と言いながら呆然としてると、そこに木島が「何してんの?」と帰ってくる。

木島が春彦に送ったメールは推敲中に間違って送ってしまったものであり、本やレコードは全部処分したという。

そして、木島は実家に帰り、死んだ父親の家業(農業)を引き継ぐことも春彦に伝える。

春彦は「先生は本当にいいんですかそれで? 」と聞くが、木島は「いいんだ。むしろ憑き物が落ちたような気分でとても安らかなんだ 。」と言う。

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


 

最後の一線

夜になり、春彦は木島に合鍵を返し、別れの挨拶をする。

その際、春彦は「悪かったと思うなら、最後に俺のために何か書いてくれませんか?どんなに時間がかかってもいいんです。俺の好きそうな、俺の抜けそうな小説とか。」と木島に言う。

木島は大笑いしながら春彦の好きそうな案を出していくが、突然、「本を書けって君、ひどい奴だな。」と涙をこらえて言う。

そんな木島に春彦は「大丈夫です。書けます!」と励ますと、木島は「無理だよ!本当に、本当に長いこと一行だって書いていないんだ。でも、書きたい!書きたいんだ!ずっと・・・」と泣きながら言う。

すると、春彦は「大丈夫。書けます。大丈夫。」と言って、木島を優しく抱きしめる。

それから、2人は見つめ合い、お互いの手で触れ合うのだった。

そして、木島が「もっと君のこと教えてくれないか?知りたいんだ。」と言って、春彦と徐々に激しいキスをしていき・・・

 

 

結末

事後、木島が「ねえ、何回したか覚えてる?」と聞くと、春彦は「6発。」と答える。

それに対して、木島は「お疲れ。」と言うと、春彦は「腰だるい」と言う。

木島はもう少し寝ていることを勧めるが、春彦は帰りの電車の時間を気にする。

すると、木島は「まだ大丈夫。起こしてあげるから。僕は嘘つきだけど、約束は守るよ。」と言う。

翌朝、春彦が目を覚ますと、木島の姿は既になく、置き手紙だけが残されていた。

 

半年後、春彦は就職活動に精を出していた。

木島の著書の中では珍しく、 一人称で書かれたその本は 目立つ平台などではなく、本屋の片隅にひっそりと積まれていた。

けれども、春彦にとってそれは・・・・

「 彼の青く固くそそり立った衝動は、私の乾いた粘膜を熱く溶かしていく。私は思った。あの日を一生忘れない・・・」

 

 

 

第6話(最終話)「愛欲と理性の果てに」の感想

木島がまるで死ぬかのような展開でしたが、結局、春彦と関係が修復します。

そして、今回の話でも、木島と春彦の濡れ場がありますが、それぞれの思いをうまく表現した演技になっていて見事なシーンだと思います。

また、物語全体としても、最終的には春彦も木島も前を向いた終わり方だったので、満足できる内容になっていました。

是非、初回1ヶ月無料のFODプレミアムで見てみてください!

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-恋愛ドラマ

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.