恋愛ドラマ

ドラマ宇宙を駆けるよだか第3話結末までのネタバレと感想

更新日:

ドラマ「宇宙を駆けるよだか」第3話のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。

因みに、前回のあらすじは下記のリンクからとなります。

ドラマ宇宙を駆けるよだか第2話結末までのネタバレと感想

ドラマ「宇宙を駆けるよだか」第2話のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。 因みに、前回のあらすじは下記のリンクからです。  

 

スポンサードリンク

 

第3話のあらすじ・結末までのネタバレ

宇金真緒という人物

然子(富田望生)は小日向あゆみの体を手に入れたことと、公史郎(神山智洋)を手に入れたことに執着していて、決して昔のように戻りたくないと思っていた。

一方、火賀(重岡大毅)とあゆみ(清原果耶)は入れ替わりの方法を色々と試すが、一向に解決策が見つからない。

しかし、あゆみは火賀に体を入れ替わる方法を知っているかもしれない人物から電話がかかってきたことを話す。

そして、二人はその人物のもとを訪ねるのだった。

あゆみと火賀の前に現れたのは、宇金真緒(関めぐみ)という女性だった。

宇金にあゆみは保護していたインコを渡すと、「インコありがとう。このインコは入れ替わりをした人間にしか懐かないの。」と言う。

火賀は「入れ替わりの方法を知ってるって本当やろな?」と聞くと、「もちろんよ。だって、私も入れ替わってるの。」と宇金は答えるのだった。

 

入れ替わりの条件

宇金は入れ替わりの情報を集めて商売をしている人間だった。

宇金が言うには、入れ替わるには条件がある。

①まず、赤月の日に自殺をすること
②それから、なりたい相手に見られていること
③そして、必ず死ぬこと

以上の三つが揃って、初めて入れ替わることができるのだ。

 

それを聞いたあゆみは、然子ともう一度体を入れ替わろうと考えるが、宇金から「ごめんなさい。どうやら誤解させてしまったようね。入れ替わる方法は教えると言ったけれど、元に戻れるとは一言も言っていないわ。」と言われる。

過去に元に戻った事例はなかったのだった。

 

火賀の告白

元に戻れないことにショックを受けるあゆみは、 たまらず本当の自分の家の前まで走り出す。

そして、家の外から見る母親と父親の姿に涙するあゆみ。

すると、火賀があゆみの前に現れて、「元に戻らなくていい。お前がどんな姿だったって良い。笑わなくたって、弱くなったって、落ち込んだって良い。俺が一人であゆみの周りにいた全員分愛したる。好きなんや、あゆみが・・・」と告白する。

 

そこに突然、公史郎が現れて、あゆみを公園まで連れて行く。

そして、「元に戻れなくていいってどういうこと?」とあゆみに尋ねる。

あゆみは入れ替わる方法を知っている人に会ってきたことを伝えると、公史郎は「その話を詳しく聞かせて欲しい」とあゆみに懇願する。

話を聞き終えた公史郎は久しぶりにあゆみと話す。

だが、公史郎から「火賀と付き合うの?前から思っていたんだ。2人の方がお似合いだって。」という言葉を浴び、あゆみは複雑な心境になる。

あゆみが一人で戻ると、そこに火賀が待っていた。

そして、「こんな時に自分の思いをぶつけてごめん。」とあゆみに謝る。

さらに、火賀は公史郎のことをフォローし、あゆみのこともいつも通りに励ますのだった。

 

一方、公史郎は一人で体を入れ替わる方法を考えていた。

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


 

然子の容姿をしたあゆみ

翌朝、あゆみが学校に行くと、火賀が優しく話しかけてくれる。

そんな火賀にあゆみの親友たちが連れ出して、「最近、親友の水本とあゆみと距離置いてるでしょ?然子ちゃんが関係してるんじゃないの?」と聞いてくる。

火賀はこっそり「今、海根さんが好きやねん」と教えるが、それを他のクラスメイトに聞かれてしまった上に、それをクラス中にバラされてしまう。

然子は「冗談でしょ。あの姿で好意を持たれるなんて・・・」と思う。

だが、火賀は冷やかすクラスメイトを尻目に「オレにとっては今の海根さんが一番可愛い」と言ってのける。

その言葉に驚愕した然子はたまらずクラスから飛び出す。

あゆみは「私そんなに笑われるようなことしたかな。 私のことを笑う前に、嫌う前に、もっと知って欲しいです!」とクラス中に訴える。

すると、クラスメイトがあゆみを囲って、温かな冗談を言えるようになっていったのだった。

 

一方、然子は醜い容姿になったにもかかわらず、あゆみのことに好意を寄せている火賀に憤慨していた。

そんな然子に公史郎は「何があったの?君のことは全部知っておきたいんだ。俺は今は君の彼氏だから。」と言う。

 

然子の過去

然子はずっとずっと一人だった。

だが、公史郎だけは親切にしてくれていた。

その優しさを然子は最初疑っていた。

なぜなら、父親は自分を捨て、母親とも仲が悪くなり、誰も自分に気をかけてくれる人物などいなかったからだ。

そして、然子は見た目が良く、偽善者だと感じるあゆみのことを最初から嫌っていた。

そのあゆみに想いを寄せ始めていた公史郎が告白することを然子は偶然、知ってしまう。

 

その瞬間、ブスに生まれたことが間違いで、美人に生まれなきゃ 誰からも愛されないと然子は思ったのだった。

話を聞き終えた公史郎は「あゆみちゃんはともかく、火賀が目障りなのは一緒だ。 聞いたんだ。確実に入れ替わる方法を。 」と言う。

然子が入れ替わらないで欲しいと訴えると、公史郎は「入れ替わるのは俺と火賀じゃない。火賀とあゆみちゃんだ。次の赤月であいつらの人生を終わらしてやろう。」と言うのだったが・・・

 

第3話の感想

入れ替わりの方法をあゆみ達は知ったものの、元には戻れないというまさかの展開。

しかし、公史郎が必死に考えた上で、あゆみちゃんと火賀を入れ替えさせようとしているので、何か秘策があるのかも知れません。

それにしても、今回の話では内面的な美しさの重要性が分かる内容でした。

同じ容姿容貌であっても、やはり明るく前向きに取り組んでいる姿と被害者面してイジケている姿とでは雲泥の差です。

外見ももちろん魅力の一つなので重要なのですが、それよりも自分の置かれている全ての状況を受け入れた上で、どのような姿勢を貫いているでかが大切であることを教えられました。

あと、火賀があゆみへの溢れんばかりの気持ちを抱えながらも、あゆみの状況や気持ちを優先させられるところが男前すぎて、感動しました。

是非、見てみてください!

因みに次回のあらすじ・ネタバレは下記のリンクからです。

ドラマ宇宙を駆けるよだか第4話結末までのネタバレと感想

ドラマ「宇宙を駆けるよだか」第4話「罠」のあらすじ・結末までのネタバレと感想です。 前回のあらすじは下記のリンクからとなります。  

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-恋愛ドラマ

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.