恋愛リアリティショー

私の年下王子さまWinter Lovers#13結末のネタバレと感想

投稿日:

私の年下王子さま Winter Lovers#13最終回告白SP 「私から・・・していい?♡」私達もう我慢しなくても良いんだよのあらすじ・結末のネタバレと感想です。

この番組は本物の恋を探す大人女子に個性あふれる年下王子達が優しくオモテナシをしていく番組です。

歳の差を越えた男女の恋を執事が指令を出しながら進めていきます。

私の年下王子さまWinter Lovers#12結末のネタバレと感想

私の年下王子さま Winter Lovers#12 「ソレは付き合ってからね♡」爆発しそうなキミの想いに応えたい・・・のあらすじ・結末のネタバレと感想です。 この番組は本物の恋を探す大人女子に個性あふ ...

今回はいよいよ告白SPです。

恋人になることへのハードルを簡単には越えられないオトナ女子と奮闘する王子たち。

想定外の展開が待ち受けています。

私の年下王子さま Winter Lovers#13最終回告白SP 「私から・・・していい?♡」私達もう我慢しなくても良いんだよのあらすじ・結末のネタバレ

最終アピール

最終日、朝風呂で男子会と女子会がそれぞれ開かれ、告白に向けた心境を話し合います。

その後、オトナ女子と王子たちが最後のアピール場に集合すると、執事から連絡が来ます。

執事指令
「皆様、本日はいよいよ告白です。王子から女子を誘い、最後のアピールをしてください。」

最初にとしきがまあやを誘います。

さらに、てつもりんを誘います。

 

スポンサードリンク

 

まあや✕としき

としきはまあやと一緒に体育館に訪れます。

そして、としきは「好きだー!」と体育館を響かせ、アピールします。

すると、距離を縮めた2人のもとに、まあやを想うもう一人の王子のLindowがやって来ます。

そして、Lindowはとしきにまあやと2人で話したいことを述べ、としきはその場から離れるのでした。

 

 

まあや✕Lindow

Lindowとまあやが体育館のコートに下りると、Lindowはバスケのボールさばきを披露します。

さらに、Lindowはまあやに「春夏秋冬(一緒に)過ごしたいな。」と伝えると、まあやはその言葉に「(グッと)来た。」と表現して、喜ぶのでした。

そして、最後にLindowはまあやとハグをして、精一杯気持ちを伝えるのでした。

 

てつ✕りん

てつはりんにせりなに気持ちがないことをちゃんと伝えたことを話します。

しかし、りんはてつが心が揺れ動きやすい性格であるかもしれないことを不安に思います。

それに対して、てつは自分の気持ちを見つけるのは時間が掛かるが、一度気持ちを決めたら揺れ動くことはないということを話します。

さらに、てつはりんの手を握って、「信じて欲しい。」と気持ちを伝えるのでした。

 

せりな✕たいしゅう

せりなはたいしゅうに不安があることを伝え、自分への気持ちや思いの強さを伺うような質問をします。

それに対して、たいしゅうは上手く答えられません

最後のアピールタイムを活かせなかったたいしゅうは、告白ですべての想いを伝えることになりました。

 

Tokico✕ゆうき

Tokicoはゆうきが素を出し始めていることを評価しますが、付き合うということに関して慎重な姿勢を崩せません。

なかなか踏み出せないTokicoを前に2人は前に進めるのでしょうか・・・

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


最後の告白

1人目 せりな

せりなに告白するのはたいしゅうです。

たいしゅう
「このせりなと過ごした5日間が本当に楽しくて、色々考えたんだけど、俺はせりなの全部が好きです。だから、もっとせりなと一緒にいたいし、もっとちゃんと知りたいと思いました。俺と付き合ってください。」

せりな
「ごめんなさい。なんかすっごく悩んで、本当にもう一秒前まで悩んでて、最初の頃、なんか可愛いところが癒しでもあり、良いところでもあるんだけど、ちょっと頼りない部分があるって言う話をしたよね。それで、でも頑張ってくれて、恋愛対象のスタートラインというか、思えた時もあったんだけど、その後に最後のアピールタイムの時もそうだったんだけど、やっぱり素の部分が見えちゃったりして、好きとか気になるという気持ちからお付き合いするという気持ちになるまでがちょっと足りなくて、でも可愛らしい部分とかそこは良さでもあると思う。私がちょっと受け止めきれなかったていうことでもあるだけで、だから、ごめんなさい。」

たいしゅう
「俺ももうちょっと頼りがいのある男になれなくて、ゴメン。ありがとう。」

カップル成立なりませんでした。

せりな
「彼氏は欲しかったです、正直。でも、だからといってやっぱり妥協はしたくないので、そこは真剣に考えさせてもらいました。」

たいしゅう
「最後のアピールタイムとかでもやりきれなかった。悔いが残ってたんで、今日の朝からもう一度やり直したいんなって。悔しいです。」

 

2人目 りん

りんに告白するのはてつです。

てつ
「初めて会った時からりんちゃんの笑顔には心が打たれました。僕はりんちゃんが好きです。だから、年下の王子様に成らして下さい。宜しくお願いします。」

りん
「顔をあげてください。ありがとう。私も本当にてつが入ってきた時から、すごくてつのことが気になっちゃって、最初話した時も大人っぽい雰囲気だなって思ったりとか、落ち着いてるなとかすごい思うことがあって、歳の差が感じられないこともあって、すごく魅力的だなと思っていました。でも、なんか昨日温泉で話して、一晩考えてみて、アピールタイムで話して、なんかずっと不安だったんだけど、出会ってから時間が短すぎちゃって、多分私もてつのことを本当によく知らないし、てつも私のことを知らないことたくさんあると思う。ここで付き合って、明日からどうなるかって想像してみた時に先が見えなかった。だから、今回こういう結果になってしましまいた。ごめんなさい。」

カップル成立なりませんでした。

りん
「距離もそんなに詰められてなくて、てつの本音を見れてる感じが全然しなかったんですよ。今、多分自分に少しでも不安が残っちゃった状態で、中途半端な状態で『はい』ってしちゃっても多分それは嘘になるし、だから、今はここでこの決断をしたことに後悔はしていないです。」

てつ
「こういう結果になって、もっと自分にできることがあったのかなっていう悔いは少し残ります。なかなか自分にとって一人女の子に絞れない中で、迷いっていうものが大きな原因だったのかなって思います。好きならもっと自分からはっきりさせて動くべきだったなと思います。」

 

3人目 まあや

まあやに告白するのは、としきとLindowです。

Lindow
「まあや、まあやと過ごした時間は本当に幸せで、本当に終わってほしくないんだ。ずっと一緒にいたい。全てを包み込んでくれるそんな優しさが大好きです。付き合ってください。」

としき
「まあやへ、まあやとは一番長く過ごしたから、まあやの人柄も知れたし、惚れたところもたくさんありました。歳の差の壁を越えたいと思っています。まあやと付き合ったらどんな生活が送れるのか楽しみです。これからもまあやの笑った顔が見えると信じています。」

まあや
「2人ともすごい真っ直ぐが話してくれたから、私の本当の気持ちを今から2人にちゃんと話すので、聞いて下さい。Lindow、正直こんなに話が合う人っているんだって思いました。物事に対する考え方とかその深さとか、学ぶこともあって、年下からこんなに勉強させてもらう事あるんだって自分でもびっくりしました。でも、昨日も今日も積極的に接してくれて、まあハグとか色々してくれて、その時も異性としてのドキドキはあまり感じられなかった。友達としか思えない。ごめんなさい。」

Lindow
「分かりました。」

Lindowはカップル成立なりませんでした。

 

Lindow
「正直すごく悔しいです。大好きだったからこそ、最後まで彼女の気持ちを僕に振り向かなくて、ただただ悔しいです。恋人としての近づき方ができなかったっていうのが大きかったかなって、そこが一番足りなかったかなって思います。本当に悔しいです。」

 

まあや
「 とし、正直、最初の旅行と次の旅行の時、 としは私のことを指名してくれたけど、本当はそんなに好きじゃないだろうなって思っていました。 でも、今回の旅行の時に、私のどういうところが好きなのって聞いた時に、指令じゃなくて急に聞いたのに、すぐに色々答えてくれて、私が思ってるより、ちゃんと考えてくれるのかなって思えたのね。凄い悔しんだけど、私はとしに恋しています。私の年下王子様になってください。」

としき
「お願いします。」

としき♡まあやのカップル成立です。

そして、まあやは昨日の続きと称して、としきにキスをするのでした。

としき
「信じられないくらい嬉しいです。」

まあや
「もう、好きになっちゃったから仕方ないですね。でも、まだまだこれから楽しみにしたいところがたくさんあります。」

ーまあやからのキスについてー

としき
「初めてなんですけど、目を瞑ってそういうのされるのは。いいですね。いいっていうかかドキドキっていうか、来る来るみたいな。」

 

最後 Tokico

Tokicoに告白するのはゆうきです。

ゆうき
「Tokicoに出会えて、幸せです。 まっすぐなTokicoも真剣に向き合ってくれるTokicoも、笑顔が可愛いTokicoも、挙げらしたらたくさんあるんだけど、どんなTokicoも大好きです。なんか、もっともっとたくさんの時間を一緒に過ごして、笑いあって側にいたいなって、思う。Tokicoじゃなきゃこんな風には思えません。幸せにします。大好きです。僕と付き合ってください。」

Tokico
「えっと、ありがとう。なんかゆうきは最初に会った時からしっかりしてるなって、こんな子おるんやなってびっくりする事ばっかりで、でも、壁作ってんのかなって、本当のゆうき君ってどんなんやろうとかすごい不安になったこともあったんだけど、今回の旅行で真摯に向き合ってくれて、これからも頼っていきたいなって思いました。だから、私の年下王子様になって下さい。」

ゆうき
「はい」

 

ゆうき♡Tokicoのカップル成立です。

 

ゆうき
「嬉しいです。幸せです。 ホットもしたし。」

Tokico
「私も凄いホッとしたし、来てくれるか分からへんかったから。でも、安心しました。」

ー告白することへの迷いは?ー

ゆうき
「迷いはなかったです。」

 

私の年下王子さま Winter Lovers#13最終回告白SP 「私から・・・していい?♡」私達もう我慢しなくても良いんだよの感想

今回出演していたオトナ女子は皆、恋愛に慎重な人が多く、「付き合う」と決断するのに必要なエネルギーは膨大でした。

しかし、そんな中でも、としきとゆうきは最初から一途にエネルギーを注いでいたので、最終的に振り向いてもらえたのかなと思います。

また、フラれた王子たちも、オトナ女子からその決断を聞かされても、最後まで笑顔でいたりと優しさに溢れ、紳士でした。

なので、結果的にはフラレてもカッコ良かったです。

是非、視聴してみて下さい!

 

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-恋愛リアリティショー

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.