恋愛リアリティショー

私の年下王子様♡#12最終回の結末のネタバレと感想

更新日:

私の年下王子様♡#12「王子、最後の告白」のあらすじ・結末のネタバレと感想です。

今回はいよいよ旅行最終日、 最後の告白SPです。

王子もオトナ女子も泣き出してしまう人が続出します。

一体、何組のカップルが誕生するのでしょうか?

 

因みに前回のあらすじ・結末までのネタバレは下記のリンクからです。

私の年下王子様♡#11のあらすじ・結末のネタバレと感想

私の年下王子様♡#11「キスしたらときめいてしまう・・・」のあらすじ・結末のネタバレと感想です。 今回は運命を左右するグループデートをします。 しかし、くじ引きであの二人が離れ離れになってしまい、その ...

 

私の年下王子様♡#12「王子、最後の告白」のあらすじ・結末のネタバレ

最後のアピール

8人は千本松牧場にやって来ます。

すると、執事から「年下王子に最後のアピールチャンスを差し上げます。女子を誘い、気持ちを伝えて下さい。」と連絡が入ります。

すると、早速、さとるはあゆむを、りょうはあすかを誘います。

 

スポンサードリンク

 

 

りょう×あすか

りょうはあすかに気持ちが固まっているのかを聞くと、あゆむは「どう思う?ちょっと見てどう思う?なんか私今日違う?」と聞き返します。

すると、りょうはあすかがペアのブレスレッドをしてくれたことを付けてくれた事に気付き、「好きだから良いよね?こういう事して・・・」と言って、座ったままあすかを抱きしめます。

そして、りょうはあるかに真剣に将来のことを考えて、自分を見定めてくれるようにお願いするのでした。

 

 

さとる×あゆむ

さとるは「あゆむを思う気持ちは誰にも負けない。」とあゆむに改めて気持ちを伝えますが、あゆむは「100%さとるを思えるようにコミュニケーションを取って、話そうと思っていたのだけど、正直、まだ100%っていう感じでもねいんだよね。」と言います。

さらに、あゆむはさとるから貰ったブレスレッドは付けておらず、さとるとの将来に対して不安に思っていることをちゃんと本人に伝えるのでした。

 

 

龍太×あゆむ

さとるとあゆむがいなくなってから、しばらく経った後、龍太も動きます。

龍太はさとるとあゆむのもとに向かい、さとるに「最後に2人で話をさせて欲しい」と伝えて、あゆむと2ショットになります。

あゆむは前日にさとるを選ぶ意思表示をしていたため、龍太が来てくれた事に驚きつつも、大変喜びます。

龍太はあゆむのことを年下だけど守ってあげたいと言う気持ちがあることを伝え、最後にあゆむをハグして、「俺はあゆと会えて本当に良かったと思ってるし、これからもずっと一緒にいたいし、他の男に取られたくない。最後まで諦めないから、あゆの答えを待ってる。」と言うのでした。

 

 

TOMOKI×せりな

終盤、TOMOKIもせりなを誘い、2人きりになります。

TOMOKIはせりなと一緒にアイスを食べながら、最後までせりなに一途であることを伝えます。

すると、せりなは自分が龍太に気が向いていた時にどう思っていたのかをTOMOKIに聞きます。

TOMOKIは「ちょっと悔しいなって気持ちもあったけど、諦めない気持ちをずっと持っていたから。龍太に(気が)行ってる時も、全然諦めないで、せりなに対しての気持ちは変わらなかったし・・・めちゃくちゃ不安だったし、色々思うことがあったけど、やっぱり俺はせりなしかいないと思っていたから・・」と伝えるのでした。。

 

 

みさみさ×龍太

りょうの背中を押しもあって、最後にみさみさも龍太を誘います。

2人は公園に行き、ブランコに乗りながら話し始めます。

みさみさは龍太に手を差し伸べて手を繋ぎ、龍太への想いを伝えます。

さらに、みさみさは「私は龍太を選びたいし・・・好きです。」と龍太に告白します。

龍太もその思いに応え、ちゃんとあゆむだけでなく、みさみさの事も考えるとことを伝えます。

すると、みさみさは「なんで、龍太が来てくれた時に行かなかったんだろうとか、本当の自分の気持ちに気付けば良かったなと思う。あの時、みさに行くって宣言した時に行けばよかった・・・」と昔のことを思い出しながら涙します。

龍太も「来てくれていたら、もっと喋る機会も増えていただろうし、もっとみさのこと知れたかな。」と言います。

最後にみさみさは「私はこれから先もぶれずに龍太だから、告白の結果を待っています。ありがとう、時間を作ってくれて・・・」 と伝えるのでした。

 

絆オリジナルショートコード

 

スポンサードリンク


 

最後の告白

年下王子が現れなかった場合、執事からメッセージが届きます。

 

せりな

せりなのもとに告白に来たのは、TOMOKIでした。

 

TOMOKI
「俺はせりなと出会えたことが本当に心から良かったと思えていて、 俺はずっと一途な思いで、せりなを追ってきて、すごい不安な思いもあったけど、それでも諦めずにせりなに対して好きって気持ちが確信になったから、これからは俺の横でせりなの笑顔だったり、凄い楽しい時間を一緒に共有したいなと思ったので、僕と付き合って下さい。よろしくおねがいします。」

 

せりな
「えっと、すごく気持ちは嬉しくて、ずっと一緒に過ごしている中で、まだ一緒にいたいなていう気持ちもあったし、私のことをずっと一途に思ってくれた事が嬉しくて、すごく悩んだけど、やっぱり、完全に思いが吹っ切れてないところがあって、ゴメンナサイ。でも、すごく楽しかったです。ありがとう。」

 

TOMOKI
「俺もめちゃくちゃ楽しい時間とかも2人で共有できたし、一緒に出たことを後悔もしていないし、それは俺もありがとう。」

 

告白終了後

せりな
「始めから一途に思ってくれて、なんかそういう人中々いないから、すごい嬉しかったんですけど、なんかやっぱり自分の中で吹っ切れていない部分があったんで、なんかそれは申し訳ないなと思って・・・ただ本当に嬉しかったです。ありがとうと思いました。」

 

 

あすか

あすかのもとに告白に来たのは、りょうでした。

 

りょう
「正直に言っていい? あすかの中身も外見も全部がドタイプです。今の俺の気持ちは100パ%あすかにあります。まだ知らないことはいっぱいあるけど、これからチャンス あったら、俺はあすかのことをもっと知っていきたいと思いました。こんな俺でよかったら付き合ってください。お願いします。」

 

あすか
「私の年下王子様になって下さい。」

 

りょう
「ありがとう。本当に良かった?」

 

あすか
「りょう君が良かった。」

 

 

告白後

りょう
「最高ですね。出会えてよかったです。なんか惹かれ合わないと、短期間でこんな展開にならないので、良かったです。」

 

あすか
「ここまでキュンキュン出来たのは、りょう君だけだった。」

 

 

みさみさ

執事から「残念ながら、みさみさに告白する王子はいませんでした。」と連絡が入ります。

みさみさ
「龍太に来て欲しかったです。実際、こうなるとめっちゃ真っ白になって、何言ったら分からないですけど、恋愛は一途に思わなきゃいけないなというのを思い出させてくれた龍太に感謝の気持ちでいっぱいです。龍太の幸せをこれからもずっと願っています。」

 

 

あゆむ

あすかのもとに告白に来たのは、さとると龍太でした。

 

さとる

さとる
「えっと、この5日間本当に楽しかったです。長いことは言わないんですけど、心の底から好きなんで付き合って下さい。お願いします。」

 

あゆむ
「まず、私の中で最初からずっと一番はさとるで、それで私がいっぱい癒やしてあげたいなとも思ったし、さとるの可愛い笑顔に癒やされたいなとも思って、過ごしてきました。で、昨日はちょっとマイナスなことも言っちゃったんだけど、今日は今まで過ごしてきた中で一番格好良いさとるを見れたと思って・・・でも、だからこそ、100%の気持ちでいないと、さとるに対して失礼だなと思って、今は向き合うことは出来ないかなと思っちゃった。たくさん、いっぱい楽しい思い出を作ったのに、嫌な想いをさせて、ゴメンね。

 

さとる
「ありがとう。楽しかった・・・」

さとるは去っていきます。

 

告白後

ー自分の何がダメだったか?ー

さとる(涙を流しながら・・・)
「多分、みんなの前とかでもそうですけど、2人で喋ってる時もあんまし、自分の気持ちを全面に出していない部分が・・・それが一番足りなかったのかなと思います。」

 

 

龍太

龍太
「5日間ありがとうございました。あゆと出会えて本当に良かったと思ってるし、俺は色々あったけど最後まで あゆ1人に絞れたから、後悔もしてないし、結果がどうであれ、あゆを好きになって良かったと思います。大好きです、付き合って下さい。」

 

あゆむ
「龍太は一回断ったのに、最後まで私のところに来てくれて、 凄い複雑な思いで、嬉しかったり、困ったりしながら来たんだけど、なんか年を重ねると、恋愛に一生懸命になったりとか、そういう気持ちってちょっと忘れてたんだけど、龍太のおかげで久しぶりに恋したい気持ちになれました。龍太、私の年下王子様になって下さい。

 

龍太
「よろしくお願いします。」

 

 

告白後

龍太
「絶対、フラれると思っていた。」

 

あゆむ
「いくつになっても女の子って、押しに弱いんだなっと思って・・・」

 

龍太
「あゆ、意外と子供なんで、結構、僕がリードしちゃうんじゃないかなって思っています。」

 

あゆむ
「私、意外と子供なんで、リードして頂ければなと思います。」

 

 

私の年下王子様♡#12「王子、最後の告白」の感想

最終的に2組のカップル(りょうとあすか、龍太とあゆむ)が成立しましたが、中でも龍太の追い上げは凄まじかったです。

龍太が巻き返した要因に、「一途」であるという点が挙げられます。

しかし、同じく「一途」なTOMOKIはせりなの心を揺さぶったものの、散っていきました。

そういう矛盾が起こるので、恋愛リアリティショーは本当に面白いなと思います。

ただ、フラレてしまったTOMOKIもさとるもみさみさも、後悔のない様に精一杯頑張っていました。

その姿勢は結果に関わらず、見応えがあります。

是非、視聴してみて下さい。

次弾のあらすじ・ネタバレは下記のリンクからです。

私の年下王子さまWinter Lovers#1結末のネタバレと感想

私の年下王子さま Winter Lovers#1「年の差は約10歳、危険な恋」のあらすじ・結末のネタバレと感想です。 この番組は本物の恋を探す大人女子に個性あふれる年下王子達が優しくオモテナシをしてい ...

絆記事下

スポンサードリンク




本気で恋愛したいあなたに・・・

「遊びではなく、真剣にお付き合いできるパートナーが欲しい!」と心の中で思うことはありませんか?

とは言え、大勢の中から自分にベストな相手を見つけるのは、現実的にすごく面倒で大変なものです。

また、どのように見つければ良いのか迷う人も大勢います。

 

しかし、そんな方を応援するために出来たのが、マリッシュというアプリです。

 

マリッシュはひとりひとりに合ったパートナーとの良縁を紡ぐために、独自の機能が搭載されています。

「理想のお相手検索」であなたの理想の条件に合った人を検索できます。

「グループ検索」で共通の趣味・趣向から理想の相手を探せます。

「特別プロフィール」で相手の秘密を知ることが出来ます。

「動画プロフィール」で動画でアピールでき、お互いの雰囲気を知ることが出来ます。

「音声通話」マリッシュ内で通話できるので、連絡を交換する前や会う前に、相手の声や雰囲気を確認することが出来ます。

これだけでなく、今後もマリッシュは、相手の心と寄り添いやすいツールとして独自に進化していきます。

たとえ、再婚の方、子連れ婚の方、未婚のシングルママさんなど、一般的な婚活では少し動きづらいと思われる方にも、マリッシュは優遇したプログラムを用意しています。

そのため、現在、会員の方が大幅に増加中です。

 

そして、本当に良きパートナーと出会うには、うじうじして無駄な時間を過ごすことを止め、自分の選択肢(出会いの数やパートナーの候補)を増やさなければいけません。

マリッシュはその手伝いをしてくれるのです。

あなたが今後の人生で、1人ではなく、最良のパートナーを得た人生を歩みたい方は、マリッシュを利用してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
マリッシュのインストールはコチラをクリック

今すぐデートをしたければ・・・

「長期に渡って何往復ものメッセージのやり取りをするのが面倒」

「直接会わないと自分の良さをアピールできないし、相手のことも分からない」

「デートでどんなお店を選べばよ良いのか分からない」

と感じたことはありませんか?

仮にマッチングアプリでお互いに「いいね」を押してマッチングしても、長期間にわたるメールのやり取りが発生し、その過程でいいねした人との会話も途切れてしまったなんてことがよく起こります。

果たして、会ったこともない人との何往復ものメールにどれほどの意味があるのでしょうか?

また、「百聞は一見しかず」で、人の本当の良さは、直接会ってみないと分からないものです。

 

そこで、「100回のメールよりも、1回のデートを」というコンセプトで生まれたのが、【Dine-ダイン-】というアプリです。

【Dine-ダイン-】は、忙しくて出会いがない人でも、5分でデートが出来るような仕組みになっています。

 

1.毎日定刻に、あなたにオススメの相手と、その人が行きたいお店を紹介されます。

2.もし、気になる人がいたらリクエストを送り、相手がリクエストを承認してくれたら、デートが成立です。

3.あとは日程調整機能があるので、それでデートの日時を最短で決められます。

以上、簡単スリーステップで 、あなたはデートに行けるのです。

 

特に気になる人と最初に会う場所は重要ですが、【Dine-ダイン-】が独自に厳選したレストランやカフェをリスト中から選ぶだけなので、お店選びに困りません!
※高価なお店ばかりに思われるかも知れませんが、コスパが良くて、雰囲気の良いお店もあるので安心です。

また、日程調整機能のおかげで、面倒なメッセージのやりとりなしでお互いのスケジュールを合わせることができます!

つまり、日にち設定からお店の予約までほぼ自動で行われ、デート当日を迎えることが出来るのです。

 

そのため、【Dine-ダイン-】は飛ぶ鳥落とす勢いで人気爆発しています。

このアプリがあれば、どんなに忙しくても「デートにコミットする」ことが出来るはずです。

最も異性と会える即デート型アプリを是非、試してみて下さい!
↓  ↓  ↓  ↓
【Dine-ダイン-】をインストールする方はコチラをクリック

 

ドラマの様な恋をしたいあなたに・・・

自分にはドラマティックのような出会いはない・・・
運命の赤い糸なんて作り話に過ぎない・・・

なんて思っていませんか?

 

日々の生活に追われると、同じ人との間で同じ事が繰り返され、毎日が退屈に感じてしまうものです。

しかし、それはあなたがそう思い込んでいるだけかも知れません。

 

「事実は小説より奇なり」という言葉があるように、あなたの周りには小さな奇跡がたくさん起こっているかも知れません。

それを視覚的にキャッチするのが、「クロスミー」というアプリです。

 

「クロスミー」は「どんな人と、いつ、どのあたりで、何回すれ違ったのか」をお知らせする機能を搭載しています。

つまり、「すれ違い」という同じとき、同じ場所にいた偶然を恋のきっかけにするアプリなのです。

因みに、「何回すれ違ったか」が表示される仕組みは国内初の機能で、NEWS23や日経MJを始め、各メディアで取り上げられておいます。

 

このアプリがあれば、短時間の外出ですらもあなたの人生を変えるきっかけに出来るかも知れません。

いつもの通勤、通学をちょっと楽しくしたい方は、是非、お試しください。
↓  ↓  ↓  ↓
「クロスミー」をインストールする

-恋愛リアリティショー

Copyright© 絆 , 2019 All Rights Reserved.